今日も日暮里富士見坂 / Nippori Fujimizaka day by day

神宮外苑ダイヤモンド富士! 世界遺産の絶景で2020年最高のおもてなしを!

広告

『神宮外苑のダイヤモンド富士 2016.2.4/復活した歴史的庭園の景観』

旧国立競技場の取り壊しで、
奇跡的な復活を遂げた「富士の眺め」に
たくさんの人々が集いました。

目下、山手線内で、地上から全体を眺められる
唯一の富士見眺望点。

実は、巧みな庭園設計(1926年)によって
神宮外苑の配置に施されていた
まぼろしの“景観手法”だったのです。

それが、有名な銀杏並木と、
絵画館前で直交するように配置された
もうひとつの「眺め(富士山)」です。

しかし現計画のままでは、
再び新競技場が眺望を阻害してしまいます。

50年ぶりに復活した富士山。
「新国立競技場」がまた遮ってしまうのでしょうか?
“共存”できる計画への、調整が望まれます。

1964年のオリンピック建設で、遮られてしまった富士山。
今度こそ、この世界遺産の“絶景”で
おもてなしできますように!!

次のダイヤモンド富士は、2016年11月です。

広告

広告