今日も日暮里富士見坂 / Nippori Fujimizaka day by day

「見えないと、もっと見たい!」日暮里富士見坂を語り継ぐ、眺望再生プロジェクト / Gone but not forgotten: Project to restore the view at Nippori Fujimizaka.


コメントする

2019年3月26日、中央大学へのお手紙

中央大学は、その学祖・増井六一郎が教壇に立った明治義塾の跡地に、1885年、18名の青年法律家によって英吉利法律学校を開学、その後の変遷を経て中央大学となり、イギリス法の理解と普及を武器に、法曹界に雄名をはせてきました。

中央大学後楽園キャンパス

中央大学後楽園キャンパス


続きを読む

広告


コメントする

魯迅と日暮里(56)南波登発の「亞細亞」への視線(31)北辺のルンペンプロレタリアートと博徒の群れ Lumpenproletariat in the northern frontier of Japan

さて、当時の北海道における「勞働」の実態を見るため、以下において消防組の構成員の実態を見てみよう。札幌消防組は「北海道勞働組」の結成された1892年、大規模な暴力事件を起こしている。

花月樓-笠原文治邸『札幌繁榮圖録』国会図書館蔵より

花月樓 笠原文治邸『札幌繁榮圖録』国会図書館蔵より

続きを読む


コメントする

2012年イコモス勧告と文京区、荒川区の回答書

日暮里富士見坂から富士山を望むことができなくなって16ヶ月目。
坂上には、いまだ「あっちに見えるはず…」と西を指さす人が絶えない。

いま、富士見坂から富士山への通り道の途上に黒いビルが見える。生和コーポレーションが建設した「福信館」がみえる。

こうして、名前を告げることを非難する人もあると思うが、名前を伏せれば、話し合いの場をもうけると文京区は私たちに約束したが、残念ながら反故にされてしまった。同じように企業も私たちを脅し、そして約束は最後まで果たされなかった。

2011年12月、世界遺産の諮問機関であるICOMOS(国際記念物遺跡会議)は、日暮里富士見坂からの富士山の眺望を歴史的な眺望遺産としてパリ総会で決議した。

翌2012年5月、その保全について荒川区、文京区、新宿区、豊島区、そして東京都、および新大久保に高層ビルの建設を予定していた住友不動産に対して勧告するとともに、保全を可能にするための眺望ライン作成に協力することを申し出た。
イコモス文書である。

イコモスに対する文京区と荒川区の回答書をともに掲げる。

2012.05.24イコモス「富士山への眺望」に関するAraoz会長によるレターおよび決議文

2013.04.30イコモスへの荒川区回答

2012.08.20 イコモスからの要請に対する文京区の見解