今日も日暮里富士見坂 / Nippori Fujimizaka day by day

「見えないと、もっと見たい!」日暮里富士見坂を語り継ぐ、眺望再生プロジェクト / Gone but not forgotten: Project to restore the view at Nippori Fujimizaka.


コメントする

魯迅と日暮里(49)南波登発の「亞細亞」への視線(24)須戸橋藤三郎 見沼代用水と内水交通、あわせて上武のキリスト者たち(中の11) The Outlaws in Northeast Asia, Chapter 17

さて、女子裁縫高等學院を存亡の危機に陥れた「大橋千田」とはいったい何者か。また、「東京女子美術學校」とはどのような学校か。小出新次郎の弁によれば、「大橋」とは「帝國教育會の事務員大橋次郎」、「千田」は「千田時次郎」である。(註1)次は大橋次郎の簡略な伝記。

大韓赤十字社本社-左のビルが旧日本赤十字社朝鮮本部庁舎-あばさー氏撮影-ko.wikipediaによる

大韓赤十字社本社 左のビルが旧日本赤十字社朝鮮本部庁舎 あばさー氏撮影 ko.wikipediaによる

続きを読む


コメントする

魯迅と日暮里(48)南波登発の「亞細亞」への視線(23)須戸橋藤三郎 見沼代用水と内水交通、あわせて上武のキリスト者たち(中の10) The Outlaws in Northeast Asia, Chapter 16

いま1人「手藝」教育に熱意を燃やした人物を取り上げる。それは、既に触れた田添幸枝である。田添幸枝の前半生については、光永洋子氏による研究が存在し、その夫・田添鉄二についても岡本宏氏による詳細な伝記があるので、その前半生については簡潔にだけ触れる。

田添幸枝子女史とその家族『婦人世界』4(4)より

田添幸枝子女史とその家族『婦人世界』4(4)より

続きを読む


コメントする

魯迅と日暮里(47)南波登発の「亞細亞」への視線(22)須戸橋藤三郎 見沼代用水と内水交通、あわせて上武のキリスト者たち(中の9) The Outlaws in Northeast Asia, Chapter 15

『Los Angeles Herald』によれば、「帝國婦人技藝協會」を創立した飯島栄太郎の妻・飯島かね子は次のような人物である。

「The emperor of Japan had his birthday properly celebrated last week by his loyal subjects【忠実なる臣民】 in Los Angeles, and among the number there is not a more enthusiastic admirer【熱烈な崇拝者】 of his highness than a little woman who has already had a slight introduction to the club-women because of her clever work with the brush in water colors.
Mrs. Kaneko Iijima has not the strong, self-reliant【自立した】 character of Dr. Yamei Kin, for the latter【後者】 is thoroughly【徹頭徹尾】 American in her education and as familiar with the customs of the United States as with Japan or China.
Mrs. Kaneko Iijima greets you with the low Oriental bow【深々とお辞儀をする】 and has not as yet taken on the American ways, for she has been but a little while in this country.
She is really a most versatile【多芸多才】 and unusual little body and assists her husband, E. Rippo Iijima, in editing the “Rafu Shimpo,” the only Japanese newspaper published in Southern California. “Rafu Shimpo,” it may be well to explain, means “Los Angeles News.”
Mrs. Iijimi【Iijimaの誤】 is a graduate of Miss Una Tsuda’s【津田むめ(梅子)か】 famous school of Tokio, and besides being an artist of no mean ability【並々ならぬ才能のある】 she understands stenography【速記術】, and has written stories and poems for the magazines and papers of Japan. She is ambitious to go to school here so as to acquire a better knowledge of the English language, and is making plans to do so.」(註1)

津田梅子『津田梅子』より「近代日本人の肖像」国立国会図書館による

津田梅子『津田梅子』より「近代日本人の肖像」国立国会図書館による


続きを読む


コメントする

魯迅と日暮里(46)南波登発の「亞細亞」への視線(21)須戸橋藤三郎 見沼代用水と内水交通、あわせて上武のキリスト者たち(中の8) The Outlaws in Northeast Asia, Chapter 14

1907年7月、「刀安仁及ヒ令嬢二名」(註1)、さらに「従者として」(註2)「支那人王」ほか1名(註3)、「留学生の支那人が同じく二人」(註4)の一行が帰国の途に就く。その際、奥宮慥斎の3男・奥宮健之が同行している。

奥宮健之『大逆事件アルバム=幸徳秋水とその周辺=』より

奥宮健之『大逆事件アルバム=幸徳秋水とその周辺=』より


続きを読む