今日も日暮里富士見坂 / Nippori Fujimizaka day by day

「見えないと、もっと見たい!」日暮里富士見坂を語り継ぐ、眺望再生プロジェクト / Gone but not forgotten: Project to restore the view at Nippori Fujimizaka.


コメントする

2019年3月26日、中央大学へのお手紙

中央大学は、その学祖・増井六一郎が教壇に立った明治義塾の跡地に、1885年、18名の青年法律家によって英吉利法律学校を開学、その後の変遷を経て中央大学となり、イギリス法の理解と普及を武器に、法曹界に雄名をはせてきました。

中央大学後楽園キャンパス

中央大学後楽園キャンパス


続きを読む


コメントする

2019年1月30日、日暮里富士見坂のダイヤモンド富士

この日、富士見坂には鈴木利廣弁護士ご家族がいらっしゃいました。
そこで、富士見坂脇のすきま富士はお客さまにお譲りして、
坂の中腹・足跡ポイントからスーパーすきま富士を観測。
茂る木の葉を避けての撮影のため、残念ながら頂上部は写らず。
それでも、ダイヤモンド富士の「ふんいき」だけは伝わってくれるでしょうか。

20190130_01

20190130_01


続きを読む


コメントする

2019年、日暮里富士見坂の路上写真展

遅くなりましたが、ご報告です。

2019年2月3日、お諏方様では、節分のお祭りで大賑わいでしたが、
この日、日暮里富士見坂の歩道鉄柵に、12枚の新しい写真パネルを展示しました。
お祭りの影響で人出も多く、たくさんの方が写真に見入っていました。
お近くにお寄りの際は、ぜひ足をのばして美しい写真をご覧下さい。

なお、今回のパネル設置も、荒川区観光振興課の助成をいただいて実施しました。
御礼申し上げます。
さらに、当日には、テレビ朝日「あなたの駅前物語」を制作している
テレコムスタッフの山中さんもお見えになりました。
いずれ、テレビでご紹介いただければ、と思っています。

新規写真パネル_01

新規写真パネル_01

続きを読む


コメントする

「令和」をめぐる物語

「令和」は、日本古典を出典とするはじめての元号であるという。しかしながら漢字によって構成された単語は、和製漢語以外のすべてに漢籍の原出典がある。『万葉集』の和歌に付された詞書の原形もまた中国文学に存在し、王羲之(303‐361)「蘭亭序」はその最も有名な例である。『万葉集』の詞書がそれらに倣ったものであることは諸先学の指摘する所である。

『契沖全集-第二卷』国会図書館蔵

『契沖全集 第二卷』国会図書館蔵

続きを読む